北海道の匠から

アドバイス

ADVICE 11

「困った時の対応こそが、
アフターサービス」

いい家とは、お客様の満足感を満たすことの出来る家ですが、それは完成し引き渡した時点ではまだ分からないことだと思います。そこに住み始め、日常生活の中で快適さを実感して初めて感じて頂けるモノです。その意味では、トラブルが起こった際にすぐに駆け付けてくれる安心感はとても大きなことだと思います。アフターサービスに関する取り組みも、工務店選びの大きなポイントだと思います。

松嶋 一視

Kazumi Matsushima

株式会社ダンホーム 代表取締役
北海道中川郡出身 1967年生まれ
趣味「渓流釣り」
モットー「プラス思考」

松嶋's policy

家造りは“ただ良い家を建てること” がゴールではありません。毎日“幸せに・快適に住み続けていけること”が大事です。私たちプロに求められるのは、<ニーズを想像する力>ではないでしょうか。そのお客様がどこに快適さを感じるのかを見つけ出し、それをカタチにすること。その問いかけを常に考えながら家造りと向き合っています。
Method
松嶋’s method 1

十勝エリアに合った家造り/Fit in Tokachi

北海道十勝エリアは夏は30度を超え、冬は-30度以下と寒暖の差が非常に大きく厳しい自然環境がとても厳しい地域です。そんな十勝でも快適に過ごせる家を造るにはどうしたらいいか。多種多様な工法の中で行き着いた先が2×6工法です。面で支えるため外部からの力に強いのが特徴で、地震や強風でも耐えられる家が出来上がります。

松嶋’s method 2

お客様ごとの快適さを探す/Find comfort

お客様の一人ひとりごとに違う想い、それぞれのライフスタイルに耳を傾け、お客様がどこに快適さを感じるかを見つけ出すことが大切だと考えています。打ち合わせに十分な時間をかけて、同じデザインではなく個性やアイデアを活かし、お客様だけの世界でたった一つの注文住宅をカタチにしていきます。

ad3_method2_photo1.jpg
松嶋’s method 3

困った時こそ、駆け付ける/Rush to when in trouble

お客様が困った時こそ、すぐに駆け付けることが信頼を作る上でとても大切だと考えています。家を建てておしまいではなく、そこから何十年もの関係が始まると考えています。そうした暮らしの中で困った時にすぐ駆け付けることで、お客様に安心をお渡しすることができるはずです。また、修理の合間の何気ない、日常会話も含めお客様にとって「自分のことをよく分かってくれている人」として認められることこそが信頼関係と考えます。

松嶋 一視

Kazumi Matsushima

株式会社ダンホーム 代表取締役

顧客への細かな対応と提案力で㈱ダンホームを年間受注数約25棟の人気工務店へと成長させる。困ったことがあれば、すぐ駆け付けるアフターサービスも評判となる。
趣味「渓流釣り」
モットー「プラス思考」

家造りのことで、気になることがあればお気軽にご相談ください。
この工務店にお問い合わせ
北海道の匠 松嶋 一視の手掛けた
「寒暖差」×「アフターフォロー」が両立する家・施工実績をご覧になりたい方はこちらへ
Design

Design

「寒暖差」×「アフターフォロー」

Hokkaido

3つのCONCEPT

  1. 1, 十勝エリアで快適に暮らせる家造り
  2. 2, 十分な打ち合わせで、最適なプランを提案
  3. 3, 家を建ててから始まる永いお付き合い

「寒暖差に対応。 快適に暮らせる十勝の家」

株式会社ダンホーム danhome inc.

〒080-0101 北海道河東郡音更町大通6丁目3-2
TEL|0155-67-0085
WEB|http://www.dan-home.co.jp/
請負金額 2,300万円(税別)〜
この工務店にお問い合わせ

「株式会社ダンホーム」にお問い合わせ

CONTACT

お客様のことをお聞かせください。

お問い合わせ内容についてお聞かせください。

Leading Builders

東日本 X 12人の匠

トップページに戻る