千葉の匠から

アドバイス

ADVICE 7

「デザインと機能性は、
両立できるはず」

どちらか1つを選ばなければいけないなんておかしい。
どっちも望んでイイんです。本来「デザイン」とはそういう言葉の意味なんですから。

露崎 玲

Rei Tsuyuzaki

株式会社藍舎 代表取締役
千葉県木更津市出身 1973年生まれ
好きな小説「スタンドバイミー」
好きな言葉:「雲外蒼天」

露崎's policy

そもそもデザインって言葉には、「問題の解決」って意味があるんです。
これは、大事なことで永く住む家ですから、安全・品質をクリアした上で、その家をもっと好きになってもらう。そこがデザインの役割で、お客さまの「大好きな家」を造る為には、とても大切な部分だと思っています。
Method
露崎’s method 1

和モダン/Modern Japanese

日本の家は2枚の大きな屋根を深くかぶせる。
シンプルに深くかかる大屋根は流行り廃りとは無縁、どこか懐かしく、普遍性のある美しい日本家屋であり続けてくれます。外装には、無垢のシダー板張りとアースカラーの塗り壁の2つの素材を用い、「無垢の木」と「年月」が作り出す(美しさ=経年美)を感じて頂きたい。

露崎’s method 2

箱庭/Courtyard

「空間が広がる庭屋一体の設計」一番の特徴は、リビング、ダイニングでL型に囲むように箱庭を設計しています。そして、そこに下がり壁なしの大きな引き込みの大開口サッシと格子の目隠し壁を。こうすることで、リビングとデッキ、ダイニングとデッキの境界線が曖昧になり、とても広がりのある空間に。

ad7_method2_photo1.jpg
露崎’s method 3

アウトドアリビング
/Outdoor Living

ナカとソトをつなぐ第3の場所を私たちはとても大切に考え「アウトドアリビング」と名付けました。晴れた日はデッキランチを。夏の日には良く冷えたスイカを。秋の夜長にはデッキで読書を第2のダイニングようなリビングのような「心地いい場所」として。

露崎 玲

Rei Tsuyuzaki

㈱藍舎 代表取締役

地元千葉県産の木材にこだわり、
機能を兼ね備えたデザインと合せ評判を呼ぶ。
好きな言葉「雲外蒼天」
好きな小説「スタンドバイミー」

家造りのことで、気になることがあればお気軽にご相談ください。
この工務店にお問い合わせ
千葉の匠 露崎 玲の手掛けた
「和モダン」×「アウトドアリビング」が両立する家・施工実績をご覧になりたい方はこちらへ
Design

Design

「和モダン」×「アウトドアリビング」

Chiba

3つのCONCEPT

  1. 1, 千葉という地で建てる設計思想
  2. 2, 空間が広がる庭屋一体の設計
  3. 3, 普遍性のある和モダンスタイル

「県産材で楽しむ千葉の家」

株式会社 藍舎 aisha inc.

〒290-0170 千葉県市原市うるいど南3-8-3
TEL|0436-63-4564
WEB|http://www.ai-sha.com/
請負金額 2,200万円(税別)〜
この工務店にお問い合わせ

「株式会社 藍舎」にお問い合わせ

CONTACT

お客様のことをお聞かせください。

お問い合わせ内容についてお聞かせください。

Leading Builders

東日本 X 12人の匠

トップページに戻る